人生気楽に

同じ時間を生きるなら、笑って過ごした方がいい

お寺に行ってきました。

久々にゆっくりとした休日。
妻と二人でお寺に行ってきました。
天気も良く、爽やかな風も吹いて
いたので、早起きしてのんびりと
出かけました。
しかし気温はぐんぐんと上がり、
午後には29度に。これで蝉の声が
聞こえたら真夏の条件を満たす
くらい、日差しは強く早々と夏の
到来を感じさせる一日でした。

時折吹く風の匂いと人気も疎らな
境内の静寂のお陰で心が自然と落ち着い
ていく自分に、今日は誰のためにここに
来ているのかと、不思議な気持ちになり、
日頃の自分を省みながら手を合わせて
黙祷しました。

最近故郷に帰る時間もなく、不義理
を働いていた、亡き義理の母親の供養
のため、そのお寺の旧盆の塔婆供養
の行事に参加を申し込みました。
実はこの申し込みが今日の主目的
だったのですが、事務的な感情も無く
安堵感に満ちた気持ちになり、
寺を後にしました。

その後いつも梯子参拝する隣の神社
に行き悠々とした気持ちで帰途に
着きました。(自己満足か?)

1ヶ月後にはまた訪れるこの寺と神社、
東京に出てきて8年になる私が自然と
足が向く場所の1つになっています。


私の転機 〜救われた一言〜




私の場合あることがきっかけで人生に対する考え方が変わったと言う意味で転機と言えることがあります。もちろんそれまでは昼夜問わず仕事に没頭していましたので、働き方を見直す良い機会になったことは確かです。

44歳で脳梗塞を発症しました。

発症した時の症状は、かなり大きなめまいと吐き気、ひどい冷や汗に襲われ、まるで大きく揺れている船に乗っているような感じでぐるぐると頭が回ってまともに立つことさえできない位でした。病院に運ばれる間、正直「これで死ぬのかな」とも意識朦朧状態のなかで感じていました。

幸い症状が軽かったので後遺症もなくリハビリも必要なかったのですが、再発を防ぐためもあり、原因究明のため二週間の検査入院となりました。

さて、ここからが本題のポイントです。

退院後、そのことがトラウマとなりちょっとしたきっかけで体が揺れてるような気持ちになり、また同じような症状が起きるのではないかと言う恐怖感でビクビクしていました。

やがてその思いが強くなり、とうとう再発したものと思い込み病院に駆け込んでしまったのです。

検査の結果何事もなくとりあえずその日は一泊だけ入院することになりました。
モヤモヤ感が残る中で翌日退院しました。

担当してくれた医師に「ありがとうございました」と言って立ち去る際、私の背中ごしに放った先生の一言は「人生気楽に」でした。
それも、面と向かって言うのではなく、通りすがりにサラッと言って見送ってくれたのです。

私はその言葉に衝撃を受けそれまで抱えていた不安が一気に吹き飛んだような気がしました。

その日を境に今まで抱えていた不安が一切なくなり気楽に物事を考えられるようになりました。他人の助言に影響を受けることはよくあることですが、その時の私にはその先生の一言によって救われたと思います。そしてその後の人生は悩み事や不快なことがあっても気楽に笑って過ごせるようになれればいいなと思っています。

その一言は私にとっては処方箋の要らない精神安定剤と言ってもよいくらいです。
このブログのタイトルにもなっている所以でもあります。

#わたしの転機

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン「りっすんブログコンテスト〜わたしの転機〜」
Sponsored by イーアイデム

あっという間のGW

楽しみにしていたGWも今日で終わり。

あっという間でしたが、結構いろんな

所へ足を運んで、ダラダラと過ごさずに

済んだような気がします。明日からまた

頑張ろうと思いつつこのブログを書いて

います。

谷中銀座を散歩したり、深大寺そば

を食べたり、毎日のように外に出てました。

f:id:msan602:20180506133934j:image

 4日には植物園に行ってきました。この日は入園無料だったので大勢の人が訪れていました。天気も良く、爽やかな1日でした。

f:id:msan602:20180506134000j:image

f:id:msan602:20180506134116j:image

f:id:msan602:20180506134133j:image

普段の休日はダラダラしがちだったので、

とても充実した気分で今回のGWを終えることができそうです。

くしゃみ

今度はくしゃみ。
マスクの着用率アップに
加えてあちらこちらでくしゃみの
連発。中には10回くらい止まらず
連発の人も。

本当にお気の毒です。
たいへんですね。
自分もいつ花粉症になるかも
わからないので、人ごとでは
ありません。

どうぞお大事に。

花粉

マスクをする人が増えてきた。
電車に乗っていても多いときは
10人中5人くらいはしている。
そして鼻水をすする音だけが
静かな車内に響く。
季節を耳で感じる一場面である。

飛んでる、飛んでる、花粉が‥。